CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先


 ■ 講演情報
 ■ 報告書2020
『炭素材料の研究開発動向2020』

目 次
第1編 繊維状カーボン材料 −伝統と革新−
1.1 持続可能な社会における有機資源の使い方 加茂 徹
1.2 ピッチ系炭素繊維の開発経緯とその歴史 荒井 豊
1.3 プレス機を用いた複合材料成形の現状と将来 郷 純一
1.4 乾式CNT紡績糸の作製と諸物性 井上 翼
第2編 カーボン材料の分析・解析技術の進歩
2.1 放射光軟X線吸収分光法による炭素繊維の状態分析技術の
開発と応用
村松 康司 
2.2 各種の顕微鏡観察を組み合わせた炭素材料の組織・構造解析 押田 京一
第3編 蓄電用カーボン材料の新展開
3.1 電動パワーステアリング(EPS)用補助電源システムと
高耐熱リチウムイオンキャパシタ
三尾 巧美
3.2 炭素被膜アルミニウム陽極酸化膜のバイオ電極への応用 干川 康人
3.3 分子内包単層カーボンナノチューブの電池電極特性 川崎 晋司
3.4 レドックスフロー電池におけるカーボン多孔性電極 石飛 宏和
第4編 ナノカーボンの社会実装
4.1 フラーレンの化粧品原料としての製品化 青島 央江
4.2 カーボンナノチューブとそのリチウムイオン電池への応用 遠藤 守信 
藤澤 一範
竹内 健司
       ※本誌は、2019年度の講演をまとめた研究報です※  
バックナンバー報告書のページをご覧ください




『炭素材料の
  研究開発動向
    2020』

  

   ¥11,000
   (税・送料込)

ご注文はこちらの
オーダーフォームから
お願いします