CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先


 ■ 講演情報
 ■ 報告書2018
『炭素材料の研究開発動向2018』

目 次
第1編 ナノカーボンの作製・機能創出・利用
1.1 黒鉛類の化学修飾によるカーボンナノシートの作製技術 仁科 勇太
1.2 カーボンの新界面科学機能創出を目指して 金子 克美
1.3 分子ナノカーボンの空間化学とその応用 坂本 裕俊
1.4 高効率アンモニア分解のためのカーボンナノチューブ被覆流動 媒体  野田 玲治
1.5 単層カーボンナノチューブのウェアラブルデバイス応用  関口 貴子 
第2編 LiB負極用カーボンの開発動向
2.1 炭素負極材料の開発と構造解析 藤本 宏之
2.2 高容量ポスト黒鉛負極材料の開発  小林 直哉
2.3 グラフェンライクグラファイト(GLG)の合成とリチウムイオン電池負極特性 松尾 吉晃
第3編 多孔質カーボンの新規調製法とエネルギー利用
3.1 ハロゲン処理を用いた糖類由来炭素体の高機能化 宮嶋 尚哉
3.2 酵素型バイオ燃料電池への応用を目指した多孔質炭素の開発 辻村 清也
3.3 ハイパーコールからの新規炭素材料調製の試み 濱口 眞基
3.4 炭素系電気化学キャパシタ用新規クラシックカーボン電極の開発  白石 壮志 
 〜キャパシタの高電圧化にむけて〜
第4編 炭素繊維利用の最新技術
4.1 新時代を拓く炭素繊維強化プラスチックの作製、利用、
リサイクル
入澤 寿平
4.2 炭素繊維の各種性能と表面改質技術 杉浦 直樹 
     ※本誌は、2017年度の講演をまとめた研究報です※  
バックナンバー報告書のページをご覧ください




『炭素材料の
研究開発動向 2018』



¥10,800
(税・送料込)

ご注文はこちらの
オーダーフォームから
お願いします