CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先


 ■ 講演情報
 ■ 報告書2017
『炭素材料の研究開発動向2017』

目 次
第1編 ナノ空間内の特異現象とナノカーボンの応用展開
1.1 炭素ナノ空間内に制約された分子・イオンの特異的状態 西 政康
1.2 単層カーボンナノチューブの合成と複合材料への応用 上島 貢
1.3 高配向カーボンナノチューブの特徴を生かした応用用途 坂井 徹
三好 健太朗
高田 克則
毛塚 佳代
1.4 プラズマCVDによる高品質グラフェンの高速大面積合成  長谷川 雅考
     
第2編 炭素繊維−プリカーサーとリサイクル技術の開発−
2.1 炭素繊維製造技術の革新を目指して 羽鳥 浩章
2.2 等方性ピッチ系炭素繊維とその原料としてのコールタールピッチ  貴傳名 甲
2.3 CFRPからの炭素繊維のリサイクル 守富 寛
     
第3編 エネルギー関連カーボン研究の最前線
3.1 炭化物由来炭素の特性とその応用 斎藤 崇広
桑原 一也
石川 真二
3.2 カーボン表面と触媒作用 〜カーボンアロイ触媒の現状〜 尾崎 純一
3.3 燃料電池カソード用非白金触媒‘カーボンアロイ触媒’の開発 畳開 真之
     
第4編 炭素材のユニークな利用
4.1 炭素材による地球水の再生・資源化の新しい展開 小島 昭
4.2 火星サンプルリターンの実現に向けた
カーボンエアロゲルを用いたサンプルコレクター
小澤 宇志
藤田 和央
畠山 義清
     
     ※本誌は、2016年度の講演をまとめた研究報です※  
バックナンバー報告書のページをご覧ください




『炭素材料の
研究開発動向 2017』



¥10,800
(税・送料込)

ご注文はこちらの
オーダーフォームから
お願いします