CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先


 ■ 講演情報
 ■ 報告書2015
『炭素材料の研究開発動向2015』

目 次
第1編  拡大基調の続く蓄電デバイス用炭素材料
1.1 エネルギーデバイスの現状と高出力型蓄電デバイスの開発 吉野 彰
1.2 リチウムイオン二次電池の劣化〜抵抗増大の要因を探る〜 林 栄治
1.3 サブミクロン炭素繊維の製造とリチウムイオン電池部材への応用 北野高広
1.4 CNTを用いた次世代二次電池“LiS電池”の開発 村上裕彦
1.5 電気化学分野におけるアセチレンブラックの用途展開 横田 博
     
第2編 炭素繊維と複合材料の現状と展望
2.1 炭素繊維複合材料の現状と課題 井塚淑夫
2.2 PAN系炭素繊維研究の最新動向 田中文彦
2.3 張力下における炭素繊維の構造変化と力学モデル 小林貴幸
2.4 配向カーボンナノチューブを用いた複合材料の開発 小笠原俊夫
     
第3編 新規炭素電極の開発と応用
3.1 MgO鋳型由来メソ孔性炭素の電極特性 曽根田靖
3.2 多層カーボンナノチューブの欠陥構造制御とその酸素還元活性 脇 慶子
3.3 化学修飾による生体融合型ナノカーボンバイオチップの開発 平田孝道
3.4 電気二重層吸着法による希薄水溶液中の各種イオンの除去技術 小田廣和
     
 




『炭素材料の
研究開発動向 2015』


Click!
画像をクリックすると
本文の一部をpdfで
ご覧いただけます。


¥10,800
(税・送料込)

ご注文はこちらの
オーダーフォームから
お願いします