CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先


 ■ 講演情報
 ■ 報告書2013
『炭素材料の研究開発動向2013』

目 次
第1編  蓄電デバイスと炭素
1.1 キャパシタの技術開発動向と市場動向 森本 剛
1.2 電気二重層キャパシタの応用動向
「超小型から大型まで、高密度化の応用展開」
西野 敦
1.3 難黒鉛化性炭素の電気化学特性と
リチウムイオン二次電池への応用
小林 正太
1.4 鉄−ナノカーボン複合体の調製およびエネルギーデバイスへの応用 江頭  港
第2編 炭素の表面物性を探る
2.1 カーボン材料の表面物性測定手法 細見 博之
2.2 SERS・GERS法によるナノカーボンの表面分析 藤森 利彦
2.3 活性炭の細孔構造・表面化学と液相吸着特性 町田 基
     
第3編 グラフェン研究最前線
3.1 金属基板上のグラフェン成長その場観察 小田原 玄樹
3.2 多孔質グラフェン電極の創成と電気化学応用 杉本 渉
3.3 酸化黒鉛からのグラフェン系炭素薄膜の作製と応用 松尾 吉晃
第4編   繊維状炭素を巡る取りくみ  
4.1   バガスの黒鉛化による結晶性SiC含有カーボンナノストローの製造  藤本 宏之
4.2   高速気流中衝撃法によるカーボンナノチューブの球状・分散化  田中 勲
4.3   自動車への適用を指向した産業用CFRPの研究開発動向  土谷 敦岐
 




『炭素材料の
研究開発動向 2013』


Click!
画像をクリックすると
本文の一部をpdfで
ご覧いただけます。


¥10,800
(税・送料込)

ご注文はこちらの
オーダーフォームから
お願いします