CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先



 
 ■ 報告書2011
『炭素材料の研究開発動向2011』

目 次


第1編  カーボンナノチューブ研究の最前線
1.1 カーボンナノチューブの分散とその効果・応用 津田 薫
1.2 SiC表面分解によるカーボンナノチューブとグラフェンの構造制御 楠美智子
乗松 航
1.3 カーボンナノチューブを用いた酵素電極の作製とバイオ電池への応用

駒場慎一
渡辺真也
柳澤悠一
第2編 ナノカーボン材料の新たな展開
2.1 光学的手法を用いたナノカーボン解析 塩山 洋
2.2 カーボンナノコイルの合成とその特性 秋田成司
2.3 カーボンネットワークで形成された表面・界面の原子スケール摩擦・磨耗 佐々木成朗
2.4 グラフェン研究の現状と新規材料としての可能性 永瀬雅夫
2.5 カーボンナノホーンのドラックデリバリーシステムへの応用

湯田坂雅子
第3編 実用炭素材料へのアプローチと展望 
3.1 多核固体NMRによる炭素系材料の構造解析 齋藤公児
3.2 新規材料を適用した電気二重層キャパシタの特性  石川正司
3.3 アルミニウム製錬用黒鉛化カソードブロックの開発 今川 博
   
















『炭素材料の
研究開発動向 2011』

報告書2011-表紙
¥10,800