CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先



 
 ■ 報告書2010
『炭素材料の研究開発動向2010』

目 次


第1編  エネルギーデバイス用炭素材料を巡る新たな動き
1.1 燃料電池用白金代替カーボンアロイ触媒 宮田清藏
1.2 電気二重層キャパシタ用多孔性電極の細孔構造設計 山下順也
1.3 バイオ燃料電池と酵素担持炭素 辻村清也
 1.4 リチウムイオン電池の最近の動向と炭素材料 鳶島真一
 1.5 電気二重層キャパシタの開発動向と電極への炭素材料の適用 堀越 論
1.6 電池用炭素材料の開発動向 西村嘉介
第2編 炭素フィルム・繊維の新規用途展開を探る
2.1 高分子(ポリイミド)のグラファイト化反応 村上睦明
2.2 ダイヤモンド状炭素(DLC)膜の最新動向  大原久典
2.3 次世代分離プロセスに向けたカーボン系分離膜の開発  吉宗美紀
2.4 炭素材料と自然力を活用した水環境整備技術 小島 昭
第3編  ナノカーボンの将来展望
3.1 電子顕微鏡によるナノカーボン材料の解析  佐藤雄太
末永和知
3.2 ナノグラフェンの端の電子構造と磁気的・化学的性質 榎 敏明
3.3 グラフェンスピントロニクス 白石誠司
3.4 先端性と競争力を生む塩 −ナノテク− 池澤直樹
















『炭素材料の
研究開発動向 2010』


報告書2010-表紙
¥10,800