CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先



 
 ■ 報告書2008
『炭素素原料科学と材料設計]』

目 次


第1編  CPC研究会の30周年に寄せて
1.1 炭素ナノ繊維のエネルギー・環境・材料としての利用 宮脇 仁
尹 聖昊
持田 勲
1.2 鋳型法によるカーボンナノ構造の精密制御と機能化 京谷 隆
折笠広典
西原洋知
1.3 新規な金属担持炭素触媒を利用した重質炭素資源の転換 三浦孝一
第2編 キャパシタと炭素材料
2.1 キャパシタの現状と展望 直井勝彦
2.2 大容量キャパシタの開発  玉光賢次
    末松俊造
    石本修一
2.3  窒素含有炭素材料のキャパシタ用電極への展開 児玉昌也
第3編  エネルギー貯蔵・変換デバイスと炭素材料
3.1 次世代大容量電池開発の現状と将来展望  辰巳国昭
3.2 水素貯蔵材料の開発の現状と将来展望  藤井博信
3.3 ナノカーボンとイオン液体のゲル電極を用いたアクチュエータ 安積欣志
第4編  既存炭素材料の新たな用途展開
4.1 最近の炭素繊維複合材料の開発動向 永田康久
4.2 導電性カーボンブラックの特徴と応用  前野聖二
















『炭素素原料と
材料設計]』


報告書2008-表紙
¥5,400