CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先



 
 ■ 報告書2006
『炭素素原料科学と材料設計[』

目 次


第1編 ナノカーボンの開発、評価および利用
1.1 金属ナノ粒子触媒を用いるカーボンナノチューブの調製 三宅幹夫
1.2 カーボンナノチューブのラマン分光、蛍光分光による評価 斎藤理一郎
1.3 カーボンナノウォールの調製と構造 橘 勝
1.4 フラーレンベース有機デバイスの現状と展望 八瀬清志
1.5 ポリマーのクラフト化によるナノカーボン表面への機能付加 坪川紀夫
第2編 エネルギーデバイス分野へのカーボンの利用
2.1 燃料電池車開発の現状と普及に向けた課題 大仲英巳
2.2 マイクロ燃料電池支持体としての炭素膜多孔体の利用 中川紳好
2.3 エネルギーデバイスの現状と高出力型蓄電デバイスの開発 吉野 彰
2.4 燃料電池自動車搭載用高圧水素容器 高野俊夫
第3編 多孔質カーボンとカーボンファイバを巡る新たな動き
3.1 分子篩炭素膜の細孔構造制御と水素精製技術への応用 羽鳥浩章
3.2 界面活性剤を用いたミクロおよびメソポーラスカーボンの細孔制御 西山憲和
田中俊輔
董 雍容
江頭靖幸
上山惟一
3.3 炭素原料としてのフェノール樹脂 井出 勇
3.4 ピッチ系炭素繊維の特徴を活かしたコンポジット」製品群 葭谷明彦
















『炭素素原料と
材料設計[』


報告書2006-表紙
¥5,400