CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先



 
 ■ 報告書2004
『炭素素原料科学と材料設計Y』

目 次


第1編 カーボンナノチューブ類の製造と応用
1.1 カーボンナノファイバーの実用化基盤技術とシーズ 持田 勲
尹 聖昊
林 成Y
田中 敦
1.2 カーボンナノチューブの分散化と化学修飾 佐野正人
1.3 単層カーボンナノチューブの化学修飾と薄膜構築 南 信次
1.4 カーボンナノチューブの樹脂への混練と射出成形 大竹尚登
榎本和城
安原鋭幸
葛巻 徹
光田好孝
第2編 リチウムイオン電池、燃料電池、キャパシタへの炭素材料の利用
2.1 電気二重層キャパシタシステムの燃料電池自動車への応用 野口 実
2.2 高機能なカーボンモールドセパレータの開発 斉藤一夫
2.3 固体高分子形燃料電池用超少量白金担持ガス拡散電極 安田秀雄
山地正矩
第3編 新規カーボン材の開発と利用
3.1 フラーレンのプラズマ重合による高機能化 阿多誠文
3.2 タンパク質・ナノ黒鉛化合物の複合素材の開発 芝 清隆
3.3 酸化黒鉛を出発物質とした新規層間化合物の合成と応用 松尾吉晃
3.4 膨張黒鉛を利用した炭素系機能材料の合成 金野英隆
















『炭素素原料と
材料設計Y』


報告書2004-表紙
¥5,400