CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先



 
 ■ 報告書2003
『炭素素原料科学と材料設計X』

目 次


第1編 カーボンナノチューブの合成とその特徴
1.1 単層カーボンナノチューブの合成 丸山茂夫
1.2 SiCの表面分解によるカーボンナノチューブの配向膜の製造 楠 美智子
鈴木敏之
本庄千鶴
1.3 ポリマーブレンド法によるカーボンナノチューブの製造 大谷朝男
1.4 カーボンナノチューブの生成と応用 糟屋大介
湯田坂雅子
1.5 窒化ホウ素ナノチューブとその特徴 板東義雄
第2編 カーボンナノチューブの応用展開
2.1 カーボンナノチューブの電界電子放出特性 葛巻 徹
2.2 カーボンナノチューブとその事業性評価 池澤直樹
第3編 各種炭素材料の機能と応用
3.1 ナノサイズ・バイメタリック触媒のエネルギー化学的応用 斉藤泰和
3.2 電気二重層キャパシターのハイブリッドバス・トラックへの応用 佐々木正和
3.3 フラーレンの工業化最前線 村山英樹
















『炭素素原料と
材料設計X』


報告書2003-表紙
¥5,400