CPC研究会



 ■ TOP PAGE

 ■ 会長挨拶

 ■ 趣意書

 ■ 事業計画

 ■ 会則

 ■ 役員

 ■ 報告書

 ■ 問合せ先



 
 ■ 報告書2000
『炭素素原料科学と材料設計U』

目 次


第1編 ナノスケール炭素材料の構造・物性と応用
1.1 ナノグラファイトを基礎とした物性開拓 榎 敏明
1.2 C-B-Nフラーレン物質の形成と構造 奥 健夫
1.3 マイクロ波CVD法によるナノチューブ冷陰極源の開発 村上裕彦
第2編 多孔質炭素材料の高機能化
2.1 小角X線散乱による細孔構造の研究 西川恵子
2.2 ポリイミドフィルムの焼成による炭素化フィルムの作製 竹市 力
―多孔質化にむけての試み―
2.3 メソポーラスカーボンゲルの調製と細孔特性 田門 肇
2.4 無機化合物によるpillar形成を利用した細孔構造制御とACFの高密度化 中川浩行
三浦孝一
2.5 電気二重層電極を応用した脱塩法 音羽利郎
第3編 炭素材料の新しい製造および利用展開
3.1 ガラス状炭素用の新規な含ケイ素前駆体 伊藤正義
3.2 ガラス状カーボンの製造と応用 小鍛治和己
3.3 先進C/C複合材と金属被覆 津島栄樹
3.4 炭素繊維による水処理 尾崎益雄
3.5 最近の炭素繊維事情と期待される新技術・新用途 小川博
















『炭素素原料と
材料設計U』


"報告書2000-表紙 "
¥5,400